アイキララでクマが消える人と消えない人の差をココにあった!

アイキララでクマが消えるってホント?消えない人と消える人の差はどこにあるの?

 

くすみやたるみ、クマなど目の下のあらゆる悩みを解消してくれると宣伝されている、アイキララ。

 

コスメ情報サイトの@コスメでは、「全く効果がない!」となぜか評判が悪い口コミがずらりと並んでいるのですが、その一方で「それなりに効果があった」「クマが消えた」という口コミも少数ながら見られます。

 

  • 効果がなかった人と効果があった人、その差は一体どこにあるのでしょうか?
  • アイキララで本当にクマが消えるのでしょうか?
  • 使い始めてどのくらいで効果が出るのでしょうか?

 

色んなことが気になりますよね?
私は特に、目の下のクマが消えるのかどうかが気になります。

 

そこで、好奇心旺盛な私はアイキララについて成分や正しい使い方を詳しく調べました!

 

調査の結果、「アイキララで目の下のクマが消える」と言われる理由やより効果的な使い方がわかったんです!!

 

調査の結果を踏まえて、アイキララでクマを消すために気をつけたいポイントなども紹介しますね!

 

アイキララでクマが消えるのはなぜ?成分を調べてみた!

 

 

まずは、アイキララの成分についての調査結果を報告します。

 

アイキララの成分は、目の下のクマにどのように働きかけるのか、公式サイトの説明や成分表示を見ただけではピンと来ないですよね。

 

公式サイトによると、「アイキララには3つの目の下ケア特化成分が配合されている」そうですが、それぞれどんな働きがあるのでしょうか?

 

3つの目の下ケア特化成分についてより詳しい情報を集めてみました!

 

Kコンプレックス(ビタミンK含有原料)

ビタミンKを含む成分です。
老廃物の流れや血行を良くして青暗いクマを解消する働きがあります。

 

Kコンプレックスの原料となる成分と期待できる働き
  • アンズ核油…抗酸化作用・保湿効果があり、肌を柔らかくする。肌のターンオーバーを促進させる。
  • アボカド油…浸透力が高く、抗酸化作用・保湿効果に優れている。血行を促進させる。
  • カニナバラ果実油…日焼けによる色素の沈着を防ぐ働きがある。水分を保持し、肌の老化を防ぐ働きがある。
  • ヒマワリ種子油…水分の蒸発を防いで乾燥を予防し、肌を柔らかくする。

 

ハロキシル(ペプチド混合原料)

フランスのセダーマ社が開発した成分です。
コラーゲンの生成を促進して、黒いクマを解消する働きがあります。

 

ハロキシルの原料となる成分
  • グリセリン
  • ステアレス-20
  • N-ヒドロキシコハク酸イミド
  • クリシン
  • パルミトイルトリペプチド-1
  • パルミトイルテトラペプチド-7

ハロキシルの原料の中でも特にパルミトイルテトラペプチド-7にはインターロイキンという成分の増加を抑制する働きがあります。

 

インターロイキンはシミのもとになるメラニンの産生を促す物質です。
インターロイキンの増加を抑えることは、間接的にシミの増加を防ぐことになります。

 

MGA(ビタミンC誘導体)

コラーゲンの生成を促進、メラニンの生成を抑制することで茶色いクマを解消する。
MGAの美白効果は、「肌の漂白剤」と呼ばれるハイドロキノンに匹敵すると言われている。

 

ビタミンC誘導体の成分
  • ミリスチル3-グリセリルアスコルビル酸

 

こうして見ると、アイキララって色んな方面から目の下のクマにアプローチしているんですね。

 

主な働きは①血行促進、②コラーゲンの生成促進、③メラニンの生成抑制の3つということになりそうです。

 

  1. 血行促進→血色をよくすることで目の周りの肌を明るくする
  2. コラーゲンの生成促進→目の周りの皮膚にハリとうるおいを与えて、目元のかげりを防ぐ
  3. メラニンの生成抑制→目の周りの肌に色素が沈着してシミになるのを防ぐ

 

これだけ多方面から目の下の悩みに働きかけていれば、クマが消えるという口コミにも信憑性が出てきます!

 

クマが消える人と消えない人の差は使い方にあるってホント?アイキララの効果的な使い方は?

 

 

にもかかわらず、@コスメでは「効果がなかった」という口コミが多数見られました。

 

「効果があった」人と「なかった」人の差はどこにあるのでしょうか?
同じ商品を使っているのですから、当然、同じ成分を肌につけているわけですよね?

 

もちろん、化粧品の効果は肌の状態やその人の体質によって個人差が出るものです。
が、「個人差があるものだからどうしようもないよ。効果なくて残念だったね!」で終わってしまっては、身もフタもありません!

 

そこで目の下のクマが消える人と消えない人の差は何か考えてみると、次のような事柄が思い浮かびました。

 

  1. 睡眠やPC・スマホの使用時間などの生活習慣が違う
  2. アイキララの成分を肌にしっかり浸透させているかどうかが違う
  3. アイキララを正しい使い方で使用しているかどうかが違う

 

この3つは、「ここを改善すれば、目の下のクマが消えるんじゃない?」と考えられる、アイキララの使い方改善ポイントでもあります。
具体的にどういうことなのか、詳しく解説しますね!

 

睡眠やPC・スマホの使用時間などの生活習慣が違う

まず第一に考えられるのは、生活習慣の違いです。睡眠不足やPC・スマホを長時間使用することは、眼精疲労を起こし目の周りの血行を悪くする原因になります。つまり、クマができる原因になるわけです。

 

アイキララでクマが消えないと言う人は、もしかしたらクマの原因になる生活習慣を改めていないのかもしれません。
原因になる事柄を続けたままでは、いくらアイキララを使ってもクマは消えないままです。

 

クマの原因になる生活習慣を改めた上でアイキララを使えば、もっと効果が期待できるかもしれませんね!

 

ここを改善すればクマが消えるかも!?

睡眠をしっかりとって、PC・スマホの使用時間を減らしましょう。
目を酷使したあとには、ホットタオルで目を温めるのもいいですね。
目の周りの血行がよくなり、眼精疲労もラクになっておすすめです♪

 

アイキララの成分を肌にしっかり浸透させているかどうか

クマが消える人と消えない人の違いとしてもう1つ考えられるのは、アイキララの成分を肌にしっかり浸透させているかどうかということです。

 

例えば、肌が乾燥していると化粧品の美容成分は肌に浸透しづらくなります。
また、アイキララの前に油分の多い化粧品を使うと、アイキララの成分が浸透しにくくなるんです。

 

成分が浸透しにくい状態でアイキララを使っても、効果は半減してしまいます。
「アイキララを使ってみたけどクマが消えなかった!」という人は、使用前の肌の状態をチェックしてみた方がいいかもしれませんね!

 

ここを改善すればクマが消えるかも!?

アイキララの成分を肌に浸透させるためには、以下のような事に気をつけましょう。使用前の肌のコンディションを整えることで、アイキララの成分が浸透しやすくなります!

 

  • 洗顔後、保湿成分メインの化粧水で肌にうるおいを補給した後にアイキララを使う。
  • アイキララ使用前には油分の多い美容液やクリームの使用を避ける。

 

アイキララを正しい使い方で使用しているかどうかが違う

アイキララでクマが消える人と消えない人の違いの3つめは、「正しい使い方をしているかどうか」ということです。

 

例えばアイキララは朝晩2回、毎日使う必要があるのですが、これを朝だけしか使わなかったり1日おきにしか使わなかったりしたらどうなると思いますか?
期待した効果が出なくても仕方ないですよね?

 

アイキララに限らず化粧品には正しい使い方があります。
そして、正しい使い方をすることで美容効果も実感しやすくなります。

 

「アイキララを使っても効果が実感できない!」という人は、使用方法を見直してみるといいかもしれません。

 

ここを改善すればクマが消えるかも!?

アイキララの効果を実感するための正しい使い方のポイントをまとめます。
注意すべきポイントが多くて大変かもしれませんが、「これもアイキララを効果的に使うため!」と割り切って頑張りましょうね!

 

  1. 毎日朝晩2回、洗顔後に使う。
  2. 化粧水で肌を整えた後に使う。
  3. 1回分(1プッシュで両目をカバーできる)のアイキララを少量ずつなじませる。
  4. 薬指の腹を使ってトントンと優しくアイキララをなじませる。ゴシゴシこするように塗ると色素沈着の原因になるので要注意。
  5. 肌のターンオーバーの周期が整うまで3ヶ月以上継続して使う。
  6. 使用後は美容液や乳液、クリームなどで肌にフタをして、アイキララの成分を保ちやすくする。
  7. 温度が低い場所で保管するとクリームが硬くなるので、高温多湿・直射日光を避けて常温で保管する。

 

以上3つの事柄に気をつければ、アイキララを今よりもっと効果的に使えるかもしれません。
「クマを消したい!」と切実に悩んでいる人は、ぜひ試してみて下さいね♪

 

まとめ

 

アイキララでクマが消えるかどうかや、アイキララでクマが消える人と消えない人の違いについて考えてみました。
記事の内容をまとめますね。

 

アイキララに配合されている3つの目の下ケア成分がクマを解消する!
  1. 血行を促進し青暗いクマを解消するKコンプレックス
  2. コラーゲンの生成を促進し黒いクマを解消するハロキシル
  3. メラニンの生成を抑制し茶色いクマを解消するMGA
アイキララでクマが消える人と消えない人の違いは「使い方」にある!アイキララを効果的に使うためには以下の3つのことに気をつける。
  1. 睡眠をしっかりとって、PC・スマホの使用を控える
  2. 使用前に肌のコンディションを整えてアイキララの成分を肌にしっかり浸透させる
  3. アイキララを正しい使い方で継続して使う

 

「アイキララを使ってみたけどクマが消えなかった!」と言う人や、「目の下のクマを消すためにこれからアイキララを使ってみたい!」と言う人は、この記事で紹介した内容を思い出してみて下さい!効果が違ってくるかもしれませんよ!!

関連ページ

アイキララはほうれい線には不向き!その理由をプロが解説します!
スキンケアマイスターがアイキララのほうれい線への効果について完全解説!「目の下のハリ効果があるなら、ほうれい線に使ってもいいよね?」と安易に考えてはいけません!
アイキララは目の下のたるみに効果なし?悪い口コミから失敗を防ぐ!
人気のアイキララ。でも実は「目の下のたるみに効果なし!」と言う口コミも多いんです。本当にアイキララは「目の下のたるみ」には効果がないのでしょうか?アイキララの「口コミ評判」と「全成分」から真相を調べてみました!