【目の下のくまにお困りの方へ】効果的なアイクリームの選び方と使い方

【目の下のくまにお困りの方へ】効果的なアイクリームの選び方と使い方

 

いきなりですが、目の下のくまって老け顔に見えてしまうと思いませんか?
せっかく美肌ケアがうまくいってるのに、“くま”で台無しなんてこともあったりして。

 

私自信もくまに悩んでいて、化粧でも隠れない時は誰にも会いたくないと、お出かけを控えた時もあります。
ほんと、悲しくなりますよね?

 

今回は私のようなお悩みを持つ方のために、目の下のくまに効果的なアイクリームの選び方と正しい使い方をご紹介していきます。

 

くまを解消して、憂鬱な気分にサヨナラしましょう!

 

そもそも目の下のくまってなぜできるの?

 

それにしても、あの憎っくき“くま”はなぜ出来るのでしょうか?
その原因について調べてみました。

 

くまの原因は1つじゃなかった!

くまの原因は「寝不足や疲れによるもの」と答える人がほとんどではないでしょうか。

 

その答えは間違いではありません。
でも、どれだけ十分な睡眠や休息をとったとしても“くま”が消えない時ってありませんか?

 

実は“くま”には種類があり、それぞれ異なった原因によって引き起こされています。
くまは「青くま」「黒くま」「茶くま」と3つの種類に分けられます。
こちらでは、それぞれの原因について説明していきましょう。

 

青くま

“青くま”は、寝不足や疲れによる血行の悪さから引き起こります。
こちらは多くの方が知っている原因の1つでしょう。

 

目の下の皮膚は他の部分より薄く、皮膚の上からでも滞った血液は青黒く透けて見えてしまいます。
これが青くまの原因。

 

黒くま

“黒くま”には2種類の原因があります。

 

1つ目は、加齢によって肌の弾力やハリがなくなってきたことで出来る“シワ”や“たるみ”が原因です。

 

このシワやたるみは、目の下に影をつくってしまいます。

 

2つ目は、涙袋が同じく影をつくり、くまに見えてしまうという原因です。
目の周りにある脂肪は加齢によってだんだんと下がり、涙袋にとどまります。
その脂肪が影をつくり、黒くまを引き起こしています。

 

茶くま

“茶くま”は、紫外線や皮膚へ与えられる刺激によって起こる色素沈着が原因です。
非常に薄い目元の皮膚はデリケートで、クレンジングによる摩擦などの刺激でも色素沈着を起こしてしまいます。

 

“茶くま”は、“青くま”と“黒くま”と違って改善が難しいと言われている種類になります。


自分に必要なアイクリームを選ぼう!

 

くまには種類があり、原因もそれぞれ違います。
ということは、もちろん改善の方法も原因に合わせたものを使用しないと効果が出ないということになります。

 

「でも自分のくまの種類がわからない」
もちろん、こういった方もいますよね?

 

こちらでは“くま”の種類の見分け方と、それぞれの“くま”にあったアイクリームをご紹介していきます。

 

あなたの“くま”は何くま?

皆さんのくまを解明するには、大きめの鏡が必要なので用意してくださいね。
鏡が用意できたら、次のような動作をしてみて下さい。

 

アッカンベーの動作

人差し指で“アッカンベー”とやってみて下さい。
もし目の下のくまが薄くなったら、あなたのくまは「青くま」ということになります。

 

青くまの原因は血行の悪さからくるものでしたね?ですので、アッカンベーのように目元を刺激して血行が良くなり、くまが薄くなるということは「青くま」と言えるわけです。

 

上を向く動作

青くまではなかった場合は次の動作です。
鏡を持って上を見上げてみて下さい。

 

もしこの動作でくまが薄くなったのなら、あなたのくまは「黒くま」ということになります。

 

黒くまの原因は加齢によるシワやたるみでした。黒くまの場合なら、上を向くことで重力の方向が変わり、目元のシワやたるみが一瞬改善されるはずです。

 

そこでくまが薄くなったのなら、シワやたるみが原因なので「黒くま」ということになります。

 

どちらも当てはまらなかった場合は?

どちらの動作をしても“くま”が変わらなかった場合は、最後に残った「茶くま」ということになります。

 

茶くまの原因は色素沈着、つまりシミの状態ということになります。
ですので「青くま」「黒くま」チェックの動作をしても何も変化が起きません。これが「茶くま」です。

 

くま別アイクリームの選び方

では“くまの種類”が分かったところで、それぞれのくまを改善するためのアイクリームのご紹介といきましょう。

 

青くまの場合

血行の悪さで“くま”が出来てしまう「青くま」さんは、血行を促してくれるアイクリームを選ぶようにしましょう。
ケアさえしっかりすれば、青くまは他の2つよりも改善が早いと言われています。

 

選ぶポイントは、血行を促す成分が配合されているものを選ぶということです。
おすすめの成分は、「ビタミンK」「ビタミンE」「プラセンタエキス」「アルニカエキス」「生姜根エキス」です。

 

黒くまの場合

加齢などによる皮膚のたるみやシワが原因となってできる「黒くま」は、皮膚の弾力やハリを戻せば改善されます。

 

ですので、弾力・ハリに欠かせないコラーゲンの生成を促す成分が入ったアイクリームを選ぶといいでしょう。

 

コラーゲン生成に力を貸してくれる成分でおすすめのものは、「ビタミンC誘導体」「プラセンタ」「ペプチド」「マトリキシル」です。

 

最もコラーゲンに効果的と言われている「レチノール」ですが、刺激が強いと言われているのであまりお勧め出来ません。

 

茶くまの場合

「茶くま」は、皮膚に対する刺激やメラニンの色素沈着による原因で出来ます。
つまりシミと同じです。ですので、シミと同じような美白成分の配合されたアイクリームを選ぶと良いでしょう。

 

茶クマには「ビタミンC誘導体」がおすすめの成分です。
「ハイドロキノン」はシミに有効で有名ですが、非常に強い漂白力で刺激が強いため、目元に使うことはお勧め出来ません。

 

アイクリームの正しい使い方

 

くまの種類にあったアイクリームが分かったところで、次は「アイクリームの正しい使い方」を伝授しましょう。

 

せっかく自分にぴったりのアイクリームを使ったとしても、その使い方が間違っていれば最大限の効果を得ることは出来ません。

 

こちらに手順を紹介しますのでしっかりと確認しましょう。

 

使う順番を間違えないで!

化粧水や乳液、クリームと、洗顔後の肌ケアのアイテムはいろいろとありますよね?
さてアイクリームはどのタイミングで使うのがいいのでしょうか?

 

「これが正解!」というものは実はありません。
しかし、油性成分が比較的多めに使われているアイクリームは、乳液の後に使うのが1番効果的で、「化粧水」「美容液」「乳液」「アイクリーム」「クリーム」と使っていくのが理想的です。

 

その理由は、基本的に肌ケアに使う化粧品は油分が少ないものからつけていった方が、角質層に浸透しやすいからです。

 

しかし、アイクリームによっては順番が変わる場合ももちろんあります。しっかりと注意書を確認して使うようにして下さいね。

 

アイクリームの使い方

 

それでは正しいアイクリームの使い方にいきましょう。
今まで自分にあったアイクリームを使っても効果が感じなかった方は、これからご紹介する手順をチェックしてみて下さい。

 

アイクリームを温める

まず手の甲にアイクリームを出して、指でクルクルしながら温めていきましょう。
温めることでアイクリームは柔らかくなり、肌になじみやすくなります。

 

アイクリームを目の周りにつけていく

次に、柔らかくなったアイクリームを上まぶたと下まぶたに点のようにポンポンっと置いていきましょう。
この時に押し付けないよう、優しくアイクリームを置いていって下さいね。

 

アイクリームを肌に馴染ませ密着させる

②が終わったら、次はそのアイクリームを伸ばして肌に馴染ませていきましょう。
この時にゴシゴシと強く擦らないように注意して下さいね。

 

ここでのポイントは“薬指”を使って馴染ませるということです。
人差し指は力がついつい入ってしまいがちです。薬指なら人差し指ほどの力はかからないので、こちらの指を使いましょう。

 

アイクリームがよく馴染んだら、今度は指の腹で抑えるように密着度を高めていきましょう。

 

ここでも力いっぱい押さないように気をつけて下さいね。目元は刺激に弱いデリケートな部分です。
出来るだけ刺激を与えないよう優しくしてあげましょう。

 

気になるところは重ねづけ

乾燥している部分やシワが気になる部分は、アイクリームを重ねづけするといいでしょう。
もう一度手の甲にアイクリーム出し温め、同じように気になる部分に馴染ませて下さいね。

 

少し手間と時間がかかりますが、くまをなくすためと思って頑張りましょう。

 

今日からあなたも“くま”とサヨナラ!

 

ずっと悩んでいた“くま”が改善されなかった理由は、自分にあったアイクリームを使っていなかったせいかもしれません。

 

今までアイクリームを利用していなかった方も是非活用してみて下さい。

 

くまの悩みから解放されて、堂々と前を向いて遊びに行きましょう!

関連ページ

現役エステティシャンが目元のシワ対策・アイクリームについて解説!
現役エステティシャンが目元のシワは、放っておくと大変なことになると警告をしています。目元のシワ対策・アイクリームについて詳しく解説します。
茶クマ(色素沈着)が美白アイクリームで改善する?エステティシャンが解説!
茶クマを解消できる美白効果のあるアイクリームについて現役エステティシャンが徹底解説します。